ぷーさん式FX スキャルピングトレード手法 閃-せん- についての考察

この記事は約4分で読めます。

ぷーさん式FX スキャルピングトレード手法 閃-せん-について

最近、
ぷーさん式FX スキャルピングトレード手法 閃-せん-
というFX商材が発売されました。

ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん- 先行販売特別version | 株式会社ベアードライン

販売ページを見てみると、これまでの趣が異なるといいますか・・
なんと今現在の手法の完成度は9割ほどとのことです。

なので今回発売したのは
先行販売特別version
とのこと。

ではこの教材で何が学べるのかというと、

  • 手法の作りかた(ルール作りから理論的に利益の上がるトレードへの仕上げかた)
  • トレードの基礎から応用
  • チャートを見る(読む)方法
  • 保有時間が短くストレスの少ない、シンプルで高勝率のトレード

こんな感じだそうです。
これ、実はボクがFX関連の教材に求めるものそのものズバリにほとんど近いです。

特に「保有時間が短くストレスの少ない、シンプルで高勝率」の「手法の作りかた」についてはボクも日々頭を悩ませているところです。

ということで、すぐに飛びつきたいところではありますが、なんとぷーさん、手法のキーポイントを公開していらっしゃいます。

先行販売特別versionの販売期間が6/30までとのことで、まだ時間があるようですので、すぐに購入せず、公開されている情報をもとに自力でぷーさんの手法について考察してみたいと思います。

ぷーさん式スキャルのトレードルールについての考察

販売ページに

今の所のルールとしては、

市場開始直後の数十分が最重要、1時間経過したらエントリーしない

ロング(買い)エントリーのルール

大陽線(大体3pips〜4pips)が出たところ1本
大陽線が2本(大体5pipsくらい)でたところでエントリー(連続で出てないとNG)
基本的には少し引きつけて指値でのエントリー(成行でも構わない)
損切りはエントリーを判断したロウソク足の数pips下に置く(ざっくりで構わない)
損切りと利確の幅は1対1(損切り幅が7pipsだった場合、利確も7pips)

また、エントリーの時間帯に関して、

ニューヨーク市場開始あたりが一番取引が活発

やはり、おすすめはロンドン市場開始直後(日本時間の16.17時〜)のトレードですが、サラリーマンのかたには時間的に少し厳しいので、ニューヨーク市場開始直後でも全然いいかと思います。

ロンドン市場開始時刻は日本の17時(サマータイム期間は16時)

ニューヨーク市場開始時刻は日本時間の22時(サマータイム期間は21時)

ニューヨーク市場開始直後は、ロンドンのトレーダー達がランチを済ませたあとに参入してくる時間でもありますので、ここも狙い目というのは間違いないです。

との記載があります。
シンプルな手法ですがかなりの勝率になるとのこと。
リスクリワード1:1の短期売買で勝率が6割というのはボク的には
「ものすごくいい」部類に入ります。

ということで、どのようなトレードになるのか、視覚的にわかりやすくするためのツールPU_SCA_simple
を作って検証してみました。

上は2021/4/23のユーヨーク時間の状況です。
他にもこんな感じのチャートが多く見られます。
これはプーさんがおっしゃるように、マーケット開始直後は大きな資金を持っているヘッジファンドなどが仕掛けてきたり、銀行などが市場開始前の取引の注文を捌いたりしますので、大きな資金が入ってきているためだと思われます。
その大きな資金の流れに乗っかることで、価格が伸びやすいので利確しやすくなると思われます。

ということで、しばらく自力で検証してみたいと思います。
のちほど教材を購入させていただいて答え合わせをしたいと思います。

動画による解説

特典付きで購入する

ぷーさん式FX スキャルピングトレード手法 閃を特典付きで購入する

上のリンクからご購入いただいた皆様には本文中で使用した

PU_SCA_simple

をプレゼントさせていただきます。
今後も検証用のEAなどを追加するかもしれません。

※ご注意
ご購入の際は下のような表示がされていることを必ずご確認くださいね!

コメント

  1. やまと より:

    とても興味深いですね。是非購入してEA化して分析してほしいです。
    マニュアル人間になるなと書いてるので、
    戻りなどはやはり裁量判断と言う事なのでしょうか。何にしろ続きが気になりますので宜しくお願いします。

    • Michi より:

      やまとさん、おはようございます。
      このシンプルなトレードにどれくらいの優位性があるのか、ボクもとっても興味がありますので、しばらくは検証を続けてみたいと思っています。
      今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました